BLOG ブログ

CONTACT ライフステージに応じて
健康づくりをサポート

プライバシーは守られるべき

vivaラボでは、『お客様の声』を中心に発信しています。

ぱっとみて1番変化がわかりやすい、ビフォーアフターの写真ではありません。

他のジムやサロンでは、ビフォーアフターを掲載して、この期間でこんなに!と謳っているかと思います。

それは、何よりもわかりやすいからです。

パーソナルジムに行く目的は、自分のからだに何らかの悩みがあるからですよね。

そのためにお客様はパートナーとなるトレーナーにご自身のからだについて、既往歴、健康観、膨大な情報を明け渡してくださいます。

実際からだの情報をきちんと知っていないと、思うように結果が出ないという事態になってしまいます。

それはお客様にとってもトレーナーにとっても不幸なこと。

ですので、初回のカウンセリングでしっかりと聞くと同時に、関係を築いてはじめて話せることもあるので、毎回のカウンセリングを大切にしています。

その中には、人に話したことのないからだの悩みを抱えていたり、トレーナーにさえ知られるのが恥ずかしいと思うようこともあるでしょう。

何を知られたら嫌かどうかは、その人にしかわからないものです。

先ほど伝えたように、写真だと変化がわかりやすいです。

でも、本当に大切にすべきである、からだという個人情報が公開されてしまうことになるんです。

しかも、私のところにきてくださっている方のほとんどが、からだや健康に対して特段の悩みがある方です。

これらのことも踏まえ、からだの情報というのは“個人情報”であり、守られて然るべきだと考えています。

シークレットで当然のものなので、簡単にSNS上に公開して良いものではないと考えています。

でもどうしても、どう変化するのかみられないと踏み切れない。

「ジム選びに失敗したくないから」誰しもがそう思って当然ですよね。

私自身も、お客様の変化をSNSなどにアップしないことによって同業者から「本当はお客さんいないの?」と言われたことがあります。

本当に悔しかったです。悔しかったけど、自分は誰のためにトレーナーをしているのか、と考えました。

同業者や、そういう目線になる人のためではなくて、お客様のためのトレーナーでいたい!

これを自分の信念として持っていたからこのスタンスは決して変えませんでした。

私たちパーソナルトレーナーは、自分が人気トレーナーだからすごいのではない、という軸に立ち返りブレずに今に至ります。

ここでは、自分のからだに向き合わないといけないけれど、課題が多いし、自分と向き合うことが出来ない、怖い。という方のための、隠れ家ジムです。

公開することでのトラブルについても聞いていますし、それでも公開するのは、その責任をもって公開しているのだと思います。

けれど、パーソナルジムに通っていること自体、隠したい方もおられます。

繰り返しになりますが、何を知られたら嫌かどうかは、その人にしかわからないものだと思っているからです。

だから、からだの情報は個人情報なのです。

このスタンスで5年。お客様の周りにいる悩みがあるお客様をご紹介いただいて、ここまできました。

トレーナーだから話してくれた他人には知られなくていい情報・知られたくない情報まで、知れわたることになってしまいます。

これは、スポーツトレーナーの経験があるから、特にシビアな問題として捉えています。

ファンスポーツと違って、競技スポーツというのは勝つためにトレーニングしています。

対戦相手のいかなる情報も、勝利につながる有益な情報なのです。

どのトレーナーをつけているかというのも、トレーニングの内容も。

  • この選手は何を強めようとしているのか(どういう時期か)
  • 弱点は何か
  • どこを怪我しているのか
  • その怪我が今どういう状態(時期)なのか

何をしているかで、そんなことまでわかってしまうのです。

それほど慎重にならないと良かれと思って頑張っている選手の姿をSNSにアップすること、もしくは、こんな選手をみています!というアピールは選手にとって命取りです。

選手の情報を公開することで、トレーナーが選手の努力を無駄にするどころか、負ける手伝いをしてしまうこともあるからです。

口頭では伝えきれないフォームの修正点や“今どうなっているか”をご本人に見てもらうために撮影することはあります。

(もちろん、お客様の同意をいただいています。)

モニターとして募集をして、公開を前提に利用してもらった方の変化を公開する方がいいと思っています。

vivaラボでも、これからは紹介以外の方も利用できるようにしていこうと思っているので、モニターとして一般の方向けキャンペーンをしようかとも検討中です。

「こっそり通いたい」

トレーナーがキラキラするんじゃなくて、お客様がキラキラする場所を作りたい。

自分をのからだについて「ならいごと」のような感覚で来店できる、本当の隠れ家ジムを目指しています。