BLOG ブログ

CONTACT ライフステージに応じて
健康づくりをサポート

夏はフルーツをうまくとらないと美容に影響するというのは本当?

お客さまに桃をいただいて、ふと思ったのですが、

夏のフルーツが美容に影響することをご存知ですか?

旬のものが美容に関係するということを紹介します。

栄養とうまく付き合うということは、

不調だけでなく、美容にも影響するんです!

夏にフルーツをとる必要性についてご覧ください。

夏にフルーツを食べるべき3つの理由

同じ食材でも、

旬のものと旬でない時期では

栄養素が異なります。

例えば、鉄分のためにほうれん草を食べるよう

習慣づけていたとしても

夏はモロヘイヤの方が

栄養価が高くなります。

なので、冬はほうれん草、夏はモロヘイヤと

旬によって使い分けることが

望ましいです。

また、旬のものの方が

たくさん収穫できるので

その分値段も下がります!

つまり、旬のものを食べるべき理由は

  • おいしい
  • 栄養価が高い
  • 値段が安い

と、いいことばかりだからなんですね!

スポーツ栄養学を大学で専攻してきたのもあり

栄養にはとても詳しいですが

実は、料理はかなりズボラです。笑

素材がいいものを選べば

調理の腕が拙くても

とても美味しく食べられます!

忙しかったりすると

なかなか料理に時間がかけられなかったり

面倒に感じてしまったりしませんか?

わたしと同じように料理が苦手でも大丈夫です!

それなら、あまり手をかけないで

美味しく食べよう!

ということを伝えたいです。

せっかく桃をいただいたので

桃の栄養素を見ていきましょう!

桃は女性に嬉しい夏のフルーツ

便秘解消を手伝ってくれる食物繊維のペクチン

カルシウムの吸収を手伝ってくれるマグネシウム

高血圧を防ぐカリウム

など、たくさん栄養素が含まれています。

夏野菜にも多く含まれている

カリウムについて紹介していきます。

桃には180mgのカリウムが含まれています。

他にも、いも類や大豆(およそ1800mg)、

キウイ(290~300mg)やバナナ(生360mg、乾1300mg)

にも多く含まれています。

食品成分表七訂参照(表記は100gあたり)

バナナは、生より干した方が

カリウムの量は増えるんですね!

1日のカリウム摂取目安

男性2500mg、女性2000mgです。

通常の食事で足りていないことはないそうなので

意識しとらなくても大丈夫です!

カリウムのはたらき

このカリウムは、ナトリウム

の外に出すのを手伝ってくれます。

なので、ナトリウムを多くとる夏の季節に

カリウムがたくさん含まれた野菜やフルーツが

旬のものなんですね!

ナトリウムを体外に出すはたらきをするとき

熱も一緒に外に出します。

つまり、体温を下げるはたらきがあるんです。

これが夏野菜といわれるゆえんです。

夏野菜は夏に必要なはたらきを

ちゃんとしてくれるんですね。

その季節に必要なはたらきをしてくれるので

旬のものをとる必要があります。

また、カリウムは自然の食品に

多く含まれています。

煮たりすると流れ出してしまい、

30%もカリウムの量が減ってしまいます!

フルーツならそのまま食べるか

煮物にするなら汁まで食べましょう!

(汁まで・・の場合、塩分の量に注意が必要です!)

カリウム以外の栄養素のことを考えたときに

熱することで破壊されてしまったり

流れ出すものもあります。

なので、素材のまま食べられるものは

そのまま食べることが望ましいです。

素材を楽しみましょう!

ほかにも桃には老化防止やがん予防になるカテキンなど

桃だけでも、こんなに

栄養素が含まれているんです!

摂取目安を紹介しましたが

高血圧症の方は

これではカリウムが足りません。

カリウムはとりすぎによる

心配はないので

しっかりとることを意識しましょう!

ほかにも、質問があれば、公式LINEからご連絡くださいね!

  • この食材はどんな効果がある?
  • この栄養素はどんな食べ物に含まれているの?

など、質問にはこちらのコラムでお答えいたします!