BLOG ブログ

CONTACT ライフステージに応じて
健康づくりをサポート

成長するときってちょっといたい

コンフォートゾーンって、ご存じですか?

「居心地のいい場所」

いまの自分の知っている範囲、生活圏内のようなものですね。

自分が想定できる世界で暮らしていると、想定できないような出来事ってそうそうおきないですよね。

では、少し考えてみてください。

ポケモンをご存じでしょうか。

ずっとマサラタウンにいたら、主人公のサトシはポケモンマスターになれたと思いますか?

なれなかったでしょうね。

マサラタウンから出たことで、サトシは外の世界を知りました。

強敵がいることも、悪人がいることも、伝説のポケモンがいることも知りました。

いまではネットで検索したら情報はでてきますから、知識を得るだけならカンタンです。

でも、身をもって経験するとなると臆病になります。

どんなことが起こるのか想定できないから、ちょっとこわい。

ケガをするかもしれないし、失敗してちょっと恥ずかしいかもしれない。

あいつ何やっているんだと笑われることもあるかもしれないですね。

そして実際にやってみると、ちょっといたい。

海外旅行にいくとき、楽しみと同時に少しの不安を感じた事はありませんか?

  • ✅自分の英語は海外で通じるのかな?
  • ✅怖い出来事や危険なことはおこらないかな?
  • ✅ちゃんと帰ってこられるかな?

旅行自体を諦めてしまう場合もあるかもしれませんね。

お金がかかるとか、休みなんて取れない、休んだら収入も減ってしまう・・・など。

そして実際に英語で恥ずかしい思いをしたり、ぼったくられたり・・・でもそうして経験値があがっていきますよね。

行くも行かないも、自分で決めたことならいいと思います。

その決断を否定するつもりはありません。

でも、それが誰かの判断だったり、何かをしないいいわけにしているならもったいないと思います。

何が言いたいかというと、

『 変化の時には、必ず痛みを生じる 』ということです。

運動だって、そうですね。

自分の筋力以上のことをすると、筋肉痛になります。

そうして、筋肉は痛みをうけた分だけ強くなっていきます。

いま、わたしたちのいるところはマサラタウンかも知れません。

自分が想定できる範囲のことしか、まあ起こらないでしょう。

なにかチャンスが目の前にきたとき、それをつかむのは、ちょっとこわい。

だって日常が変化しちゃうから。

自分のコンフォートゾーンであるマサラタウンから出ることになるからです。

じゃあ、ずっとマサラタウンにいますか?

もちろん選択は自由です。

でも、チャンスはまた必ず来るわけではありません。

こちらの準備も、タイミングもお構いなしです。

平等でもありません。

チャンスが来たときにこわいと感じるのは当然。

自分では想像できない世界にいくんですから。

その怖いという気持ちは誰でもあるし、何なら当たり前のものだと思っています。

だからこそチャンスが来た時に、すぐにつかむ事前の準備は必要だと考えています。

変化には痛みを伴う。

これを知っているだけでも、チャンスに適応する準備ですよね。

私は、マサラタウンから飛び出すことを決意します。